2月18日 自動運動、自動運動による他動運動を含めての大切さ

自動運動こそが、身体が持っている自然調節の自動システムかと考えています。
自動運動でできないことが残ると考えるが、できることの方が圧倒的に多いはずです。

それが、自然鍼灸学として、自然の仕組みが身体の機能を整える最高の仕組みと考える私の到達点です。

それが、博田先生の素晴らしい研究の徒手療法という世界から、自動運動への世界を開きたいという思いです。
先生の素晴らしい研究に敬意を払いながら、自動運動に解放することで貢献度を高められる部分があるという思いです。

博田先生のご研究に敬意を表してのことです。

博田先生へのご挨拶です。