西條一止の自然鍼灸学は

西條一止の自然鍼灸学は 

 筑波大学(理療科教員養成施設:西條が施設長)生まれ

 筑波技術短期大学(鍼灸学科:西條が学科長、部長、学長)育ち臨床鍼灸学です。

 

平成11年以降の鍼灸師養成学校の急増、鍼灸免許所有者の急増で鍼灸好き集団の中では、学校の定員割れ、鍼灸師が開業しても食えないという、存在の場を失いつつあります
ここを脱出するには物好きの人たちのための鍼灸から、一般の人たちのための鍼灸に脱皮が求められています
鍼灸が科学化、一般化を求められているのです。

一般の人たちの期待に応えられる鍼灸が「自然鍼灸学です」21世紀の臨床鍼灸学です。

自然鍼灸学は、身体の自然の仕組みを主体としています。技を超えて自然の仕組みの上にある治療理論です。
技はその上に乗ります。

自然の身体の仕組みを主体とすることは、技による流派ではないのです。
普遍の仕組みです。

 

  21世紀の医療を支えるために

       自然鍼灸学を学びましょう。