11月17日 「近いうちは近いうち、それ以上でも以下でもありません。」

14日の夜ホテルに帰り、テレビを見てびっくりしました。
野田総理が党首討論会で自民党安倍総裁に懸案の課題を解決することに協力すると約束すれば、16日に衆議院を解散します。
といわれました。
今までが今までだったので安倍総裁は即答できませんでした。
誰が軍師なのだろうと思います。
民主党内は大変ですが、既成政党が何とか生き残り第3局つぶしにはこれ以上ないタイミングだったと思いました。

小沢一郎党首も無罪判決を受け、選挙に間に合いました。
日本国民はこの衆議院選挙でどんな選択をできるでしょうか12月16日には結論が出ます。
私たちは選択しなければなりません。
しかし、選択しにくい状態におかれました。
これからの1ヶ月間しっかり見て選択しなければなりません。