8月4日 期待に応える

「期待」という言葉には期待する人と期待される人とが存在します。
世の中にはいろいろなところに期待があります。
親の子供に対する期待が、最も深刻な問題になりやすいようです。
それは物事が期待通りに進行してほしいという期待とは異なり、子供その人に対する期待なので、人を変えての成功というのはないわけです。
優勝したいという期待であれば、どのような形でも優勝するというところに期待があります。

期待はそれを受け止める方が負担が大きいのでしょうか。
努力すれば成功可能な範囲に期待を持たなければなりません。 

「現実を正確に見る」そして「期待に応えられる対策」をし期待する。
期待する方にはそのような気持ちが大切です。

教師は学生に期待通りの成績を獲得できるように期待します。
学生が期待に応えられる対策を練らなければなりません。
そしたら期待に応えてくれる喜びをもらえます。
ただ期待するだけでは成果は上がりません。