鍼灸臨床コラム「我が国の多くの鍼灸開業者は生活が貧しい」

医道日本社ってきた臨床実態調査くの臨床家1患者数10名以下いう実態である。
国民平均年収平均以下であろう。

くの鍼灸治療者患者満足提供できないでいるとえなければならない。
国民健康不安えた人々沢山いて、医療機関右往左往しているのが実態ではないであろうか。
そんな
鍼灸治療についてコミをられないのは患者治療について満足提供していないとえなければならないとう。その原因は、ある人達には治療効への不満であり、ある人達には治療代への経済的不満であろう。

鍼灸開業者は、かな治療効果期待できる治療法獲得本気にならなくてはならない。

医道日本誌読者は、鍼灸開業者では意識レベルがいと評価できるのではないであろうか。
アンケートへの
回答者は、さらに意識レベルはいと平均的にはえてよいのではないかとわれる。

まず、情報収集能力うことである。そして本物見分けるセンスをうことである。
どこに本物有益なものがあるのかを見極めることである。
ただ
ればよいのではない。
今日は、けばたるという世界ではない。
情報整理評価してめなければならない。
情報提供者信頼すればよいのかである。
その
吟味重要である。

腰痛治療受療姿勢

腰痛は、鍼灸治療ける患者えである。
遭遇するえの症例いうことである。
今年NHKの「ためしてガッテン」でいわゆる腰痛症80%患者診断がつかないという放送があった。
MRI検査たないという内容のものであった。
腰痛患者医療関係者ったと戸惑ったところである。
たない検査のために検査料いたくないと患者う。
医師検査めにくい。

ここではそのことを問題にしようとはわない。
これは
NHK検討する問題である。

ここで問題にしたいのは、鍼灸治療においてえの患者である腰痛患者て、治療ける姿勢をどのようにしているかということである。