5月19日 初任給ミカン:教師業の喜びの時

3卒業時は、たちが社会に、しい展開巣立とうとする姿て、びをかみしめるときです。
しかし、
45もまたかくなるびをえてもらえるときでもあります。

4初任給をもらいました。地元のミカンをります」。
というメールとともに
名産のミカンがきました。

生活安定したね。という安心感とミカンの甘酸っぱさがにしみます。
初任給ミカンといって、同僚たちとミカンをつずついました。

40数年前教員養成学生恩師芹沢先生授業で、「〇〇君が、初任給地元のお菓子ってくれたんだよ」。というおしをったことをします。

鍼灸師、マッサージ資格て、初任給恩師かをろうという気持ちになれる、初任給をもらえたたちがどれだけいるでしょうか。
とても
うい状態だとます。
先生になるというのがもっとも安定したたちでしょう。

鍼灸大学出来て、かったのはその大学教員になれたたちだけ、鍼灸大学業生職場環境専門学校状態わっていないというのが現状です。

初任給でちょっとしたお気持ちをすことが出来社会仕組みをらなければなりません。