5月5日 仕事の喜び

55、こどもの
子供成長しいです。

仕事び」もしいもののつです。
30年間もポリグラフをいて自律神経機能研究をしてきました。
20年近鍼灸臨床自律神経機能測定したいとえました。
ベットサイドに
めるようにワゴンほどのさなものにしました。
しか
実際にはあまり患者についての測定ができなかったのです。
どこに
問題があったかというと測定準備時間がかかりすぎることでした。

4からアメリカの製品でコンピューターされた瞬時心拍数測定できる商品ることができるようになりました。

心電図Rだけをって拍動周期時間測定しますが、Rだけを上手うところにしさがあります。
そこに
時間がかかりました。
その
部分がさすがコンピュータは、自動的見事にやってしまいます。
自律神経機能観察では、たり、きたりの姿勢変換重要なことですので、体位変換など色々状況即時対応しなければならないわけです。

患者自律神経機能状態見事されます。
治療法判断適切示唆えてくれます。
自律神経機能状態鍼治療により期待方向変化するかどうかとてもしみなのです。
しぶりにしみをじています。

自律神経機能観察法をなるべく文章でまとめます。