瞬時心拍数を指標とした 自律神経機能検査による鍼灸臨床の科学化−2

瞬時心拍数を指標とした

自律神経機能検査による鍼灸臨床の科学化−2

     ー  鍼灸マッサージ臨床が新しい時代を迎えます。ー

 

コンピュータ技術により瞬時心拍数の測定がとても簡単になりました。

ポリグラフ時代は、測定には専門的なトレーニングが必要でした。
基本的な知識はもちろん必要なのですが、以前は心電図からタコメータで時間を計測するところが技術が必要でした。
それがコンピュータが自動的にやってくれますから電極さえきちんと付けられればそれで測定できます。

まさに臨床の場で自由に用いることがでまさにきます。


全国鍼灸マッサージ師協会が1台購入されました。

鍼灸マッサージの保険取り扱いを推進している事業協同組合として、
臨床技術の質を高め、より信頼性の高い施術を患者さんに提供できるように、自律神経機能検査を導入しようとする努力の姿勢は高く評価できると思います。

用い方の学習については私が協力します。