3月17日 準備して 参加する 授業

PB230146.JPG

以下
文章は、45宝塚医療大学での新入生するオリエンテーションの資料です。

      準備して 参加する 授業

                                副学長 西條一止

 新入生諸君入学おめでとうございます。

  今日から、諸君人生において重要意味舞台いたのです。

 どうしたらこのチャンスを十分かし、社会期待えられるでしょうか。

 その第一番大切なことが「準備をして参加する授業」です。

  これはなんの写真かりますね。

  富士山写真ですね。

 ややから富士山ています。この写真はどこからったものでしょう。羽田発関西空港行きの飛行機から撮影しています。りました。

 1124、このは、朝起きるとすばらしい秋晴れでした。関西空港行きの飛行機富士山南側ることをっていました。今日富士山がよくえるぞとい、いつもより1時間羽田かいました。富士山えるよい確保するためです。行機先頭かって右側窓側席、しかも主翼ではだめなのです。上手確保きました。飛行機ちにカメラを準備し、つのをちます。飛行機んで5分後ほどで富士山がよくえるようになるのです。写真れました。この写真偶然撮たのではなく、準備をしてんでったものなのです。準備があってできたことなのです。しかし、天候偶然です。人生では大切ですが、準備があってがいきるのです。

 準備をして参加する授業」。予習というとたりのことにこえます。そこであえて準備をして参加」といいたいのです。

 めテキストをんでおくと理解しにくいところが明確になります。明確になるようにまなければなりません。文字っかけるだけではんだことになりません。

 めの準備こそがきな意味ちます。のある学問ける重要要素です。

 準備には時間必要です。必要時間確保するための努力必要です。

 しでもくの、活動必要時間確保するに大切なことは、1時間24しかありません、24時間をいかに有効活用するかの問題です。人間夜行性動物ではありません。昼間活動する昼行性動物です。24時間地球自転のリズムにたちの身体支配されています。そのリズムをさない生活たちの身体きさせます。

 たちの体内には、25時間リズムの時計があります。起床朝日びることで地球リズムにリセットされます。それを毎日繰します。体内時計がリセットされるというチャンスに身体色々きが調整されます。規則的起床するところにてのスタートがあります。に、午前0時〜3時間帯りを可能にします。ど時間帯てもじではないのです。

 準備して参加する学生生活」の基本は、としてのリズムをかした規則的生活による、身体機能がいつもフル回転できる状態維持にあります。

 いよいよたなスタートです。新入生諸君かしい大学生活創造する決意し、健闘期待します。

 授業は、教員学生協働作業

 授業教員種々準備をします。しかし学生にも理解しようという準備必要です。

 学生こうという態度教員によい講義をさせます。

  よい授業は、教員学生とのよい協働作業成立します。

 宝塚医療大学でよい授業りましょう。

 よい授業は、たちにとても大切さなびです。

  さなびが、たちを元気にします。