4月23日 日本社会の変革、福島第一原発、放射能汚染、レベル7

 この放射能汚染は私たちの生活にどのように影響するのでしょう。
現在すでに避難生活をしておられる人たち、その周辺で50キロ圏内、100キロ圏内まで避難というようなことになるのでしょうか。
これは大変なことです。

いよいよ日本社会の真価が問われます。電力問題、原発問題と本気で対面します。
電力問題は、国民一人一人が本気で考え、対処しなければなりません。
個人の生活という単位ではなく、社会という単位でものを考えなければなりません。
現在の社会の中で私たちがどう生きなければならないかを考えなければならないことが求められます。
これは大変なことですが、本気になって周囲を見つめる。
日本の社会を見つめる。政治を見つめる。何が本物かを見つめる。
建前ではなく、本気で責任を持つとは何かを考える。
単なるブームではなく、本気で日本社会のことを、私たちの社会を考えなければならない機会が来ます。
これは、東日本大震災という大きな災害という代償を払っての機会です。本
物にしなければなりません。
政府だけではなく国民一人一人が問われています。
本気になりましょう。