9月18日 腰痛治療に背部深層背筋の治療を加えること

8月の最後に紹介した「腰痛はアタマで治す」の本を読み考えました。
6月5日に30分で行う腰痛治療のことを書いています。
背部の治療として寸3、1番10本と書いているのですが、
この10本は、深層背筋の多裂筋を対象(Th2・5・9,L1, 次 )にしているのですが、
最長筋(Th9・12、L2)の6本を加え深層背筋に対する対応を十分に行うことが立位バランスを整え、
あの本でインナーコルセットといっている、
体幹部の筋緊張バランスを整え脊柱支持筋の緊張バランスを整えることが望ましいと考えます。
35分から40分ほどに時間が必要になります。

腰痛治療は立位バランス、歩行バランスを整えることこそ根本治療です。