7月17日 治療の基本「背部深層背筋」の鍼施術とストレッチA

4 背部深層筋の機能と刺鍼部位   鍼は、寸3、1番を標準とする。 

4-1 背部深層筋の鍼施術の観点 

   @ 鍼施術と気胸 

 最長筋を含めて棘突起との間を刺鍼対象にする。 

4-2 @ 脊柱の姿勢バランス:腸肋筋、大きな力を出していない。刺鍼の対象にしない。 

4-3 脊柱運動の主力筋:最長筋、棘筋、多裂筋 

   @ 脊柱の伸展:最長筋、棘筋、多裂筋 

   A 脊柱の側屈:最長筋     

   B 脊柱の回旋:右回旋:右腸肋筋、左回旋筋

   この筋の疲労による短縮は左回旋を邪魔する。 

4-4 最長筋、棘筋、多裂筋は、横突起と棘突起の間にある。 

   @ 最長筋、棘筋は、8、9胸椎以下3腰椎の高さまで
      最長筋は棒状緊張部。棘筋は棘突起の際。各筋に標準2〜3本。

   A 多裂筋は、仙骨部から8、9胸椎の高さまで。
      最長筋の緊張の内側と棘筋の間に刺鍼する。片側に5〜6本。       

4-5 脊柱、頸部の運動 

   @ 肩甲間部から7頸椎までの部
     半棘筋、多裂筋、板状筋が刺鍼対象になる。片側4〜5本。  

5 背部深層筋のストレッチ 

5-1 ストレッチの考え方 

   @ 姿勢を活用しストレッチする筋を伸展させておいて筋を伸ばす。
      姿勢を選ぶことが大切。そして施術対象筋を動かす。 

5-2  ストレッチの姿勢 

   @ 腸肋筋:長坐位で施術筋の脊柱を反対側に回旋させ、施術する。 
     〇 腰部とTh8以下の背部。 

   A 棘筋、最長筋:長坐位、脊柱屈曲位で施術する。
        施術部位: L3〜Th8の間。 

   B 多裂筋:長坐位(立位:脊柱伸展位)、施術筋側に脊柱回旋位で施術する。
      施術部位:仙骨〜腰部〜Th8。 
     〇 Th7〜Th1の部。 
 
   C 半棘筋、頸板状筋:長坐位、脊柱屈曲位で施術する。 
     〇 頚部 
 
   D 頭板状筋・半棘筋:仰臥位、頭部を外側の向けた位置で施術する。