5月15日 鍼基礎・臨床実習:刺鍼の基本的実習から臨床基礎実習へF

3 臨床からの六つの治効メカニズム
@ M1  刺鍼による組織破壊が自然免疫機能を高める(MはメカニズムのM)
A M2   骨格筋への刺鍼による筋緊張の緩和と血液循環の改善
B M3   骨格筋への刺鍼、雀啄刺激による交感神経を遠心路とする体性−内臓反射
C M4   4−@で後述
D M5   次回4−Aで後述
E M6   4−Aで後述

4   「物理的刺激による副交感神経反応・交感神経反応の仕組み」
4−@ 身体の治す力を高める(自然治癒力を高める)
hy2.gif