2月13日 30分で行う鍼治療の展開@

1 治療を考える基本的事項
1-1 治療を構成する三つの条件
@ 主訴に対する治療
A 未病の徴に対する治療
B 身体の治す力に対する治療 
1-2 上記の治療を構成する三つの条件を満たし、削ることのできるものを削る。
@ 仰臥・伏臥位の治療で置鍼、パルス治療の刺鍼を先に行う。
A 未病の徴に対する治療を、最小限、どのようにするか。 
2 治療各論
2-1 腰痛鍼治療:立位バランスを整える。
@ 浅刺・呼気時・坐位の刺鍼 7呼吸回          1寸 01番 1本
A 腹部刺鍼   未病の徴                    寸3  01番  10本
B-1 腰部局所刺鍼   10分間置鍼:腰痛治療の基本、鍼の魅力を示す。
   大腰筋                                    2寸  3番 2本
   中殿筋                                    2寸 3番  2本
   足底筋                                    1寸 01番  2本
B-2 背部刺鍼      未病の徴                     寸3 1番 10本
C 浅刺・呼気時・坐位の刺鍼 10呼吸回         1寸 01番 1本
 大腰筋の刺鍼は、鍼の積極的な魅力:第三位にあげました。