10月18日 経穴について

経穴への物理的刺激は、皮膚・皮下組織への刺激と筋への刺激で
全く別の反応を生起します。

1 皮膚・皮下組織への刺激による反応

 不快でない刺激により、副交感神経機能を高める反応。
 交感神経α受容体系機能をわずかに高める反応。
 をつくります。
 痛み刺激では、副交感神経機能を抑制する反応。
 交感神経α受容体系機能を高める反応。
 をつくります。

2 筋への刺激による反応

 不快でない刺鍼刺激(雀啄刺激)等による刺激では、
 皮膚・皮下組織への刺激による反応に加え
 交感神経β受容体系機能を抑制する反応が加わります。
 痛み刺激では、皮膚・皮下組織への刺激による反応に加え
 交感神経β受容体系機能を亢進する反応が加わります。
 筋への刺激による反応は、交感神経β受容体系機能反応が
 優位な反応として起きます。
  このように一つの経穴でも皮膚刺激と筋刺激では
 反応は異なるのです。
 したがって、鍼の刺鍼の深さは、筋に刺すのか刺さないのかが
 反応を分けることになり、明確に区別しなければなりません。