8月29日 刺鍼技術:鍼管の外し方

心地よい鍼の技術の中で、柔らかい鍼刺激技術があります。
それは押手、刺手の柔軟さにまず基本があります。
如何に速やかに力を抜けるかにもあります。

意外に大切なのが、鍼管の操作です。
切皮をする。
鍼管を外す。
切皮に集中しますが、できたと思うとつい気が逸って、
急いで鍼管を外す動作をしてしまいます。
これが問題です。
鍼管を急いで外すと、次の鍼の刺入動作が、急ぎがちになり易いのです。
急ぎがちになることが問題です。
ゆったりした鍼管を外す動作が、ゆったりした鍼の刺入動作を導いてくれます。