「2009年 新春に思う」

sinnen~1.jpg   
 自然鍼灸塾 塾長
 筑波技術短期大学 名誉教授
 医学博士 西條一止 

2009年の元旦を迎えました。
2008年は私にとって大きな谷底を見た年でした。
教員になり40有余年にして初めて浪々の身となりました。
70歳の者としては不思議ではないことですが、
しかし、それは心ならずものことでした。

今、日本の社会、世界において
鍼灸の臨床研究が求められています。
この研究、教育のために余命を力の限り
燃え立たせようという思いを胸に強くもっています。
このために2009年を
自然鍼灸学の臨床研究・教育普及推進のための
再挑戦のスタートとしたい決意です。

友と集い新しい知遇を得て夢の実現のために
「太陽の恵み」・「自然の教え」を受け精進したい決意です。

 「自然鍼灸学研究・教育普及推進プロジェクト」リーダー

  西條一止