「ガン検診の大罪」新潮社



著者:岡田正彦。新潟大学医学部教授。1946年生まれ。
専門領域:予防医療学。新潮選書、2008/7/25発行。

目次

第1章 統計データに騙されるな

第2章 根拠がなかったメタボ検診 

第3章  薬を飲んでも寿命はのびない

第4章 ガン検診の大罪

第5章 医療への過大な期待

 日本の現代医療がどのような状況にあるのかを世界のデータで検証しています。元気で長生きすることに医療が本当に役立っているのかという視点で解説しています。

 沢山勉強しなければという思いを高めてくれます。必読書です。