症状に対する治療(治効メカニズム−1・2・3・4・5・6)

症状を直接ねらいとする治療である。 
それぞれの症状により種々の刺鍼が行われる。具体的な例としていわゆる腰痛症について示す。

1 全身反応を用いて

1−1 浅刺・呼気時・坐位の刺鍼法(治効メカニズム−4)

腰部の筋緊張の程度により呼吸回数を10ー20回の間で選ぶ。緊張の強いときに多めにする。体力の弱い人は少な目である。 
治効メカニズム:自律神経機能が高まることによりコントロールの範囲が広がり、解けにくい筋緊張を解くことができるようになる。反応は直後に期待できる。また、自然治癒力を高めるので効果が数日後までにも期待できる部分もある。 


1−2 臥位での低周波鍼通電療法(治効メカニズム−6)

治効メカニズム: 全身反応としては、交感神経機能の抑制による筋の過緊張の緩和による効果が期待できる。合谷ー孔最が最も良い。四肢末端部の方が全身反応を良く起こす。

2 局所反応を用いて

2−1 局所刺鍼 局所反応としては、刺鍼部位の筋緊張の緩和と血液循環の改善が期待できる。 腰部の筋緊張部に刺鍼する。

2−2 局所低周波鍼通電療法  局所への刺鍼に、低周波鍼通電療法を用いると解けにくい腰痛に効果的である。 
治効メカニズム: 局所反応と低周波による揺さぶり効果が重なる。 局所の低周波療法は、時間要素が長い方が揺さぶり効果が大きくなる。  置鍼よりも低周波の方が刺激効果が上である。

3 遠隔部反応を用いて

3−1 委中への刺鍼刺激 深く刺鍼し雀啄刺激をする。交感神経を遠心路とする反射で、メカニズムの3である。 

まとめ: 
2の局所反応を用いるのが最も直接的であるが、全身的に交感神経機能を抑制して過緊張を和らげる方が良い場合もある。そのときは、1の全身反応を用いる。また交感神経サイドからではなく、自律神経活動を高めて過緊張を改善させるというルートの方が良い場合もある。そのときは、1−1を用いることになる。 1、2、3は、それぞれメカニズムが違うから、組み合わせて用いる方が実際的であり、私は、多くの場合、1、2、3を組み合わせて用いる。