背部刺鍼(治効メカニズム−1・2・3)

この刺鍼は、以下の目的で行われる。

@背筋の過緊張を解く(治効メカニズム−1・2)

A胸腔内、腹腔内臓器に対し、これらを支配する交感神経ルートを介しての調節(治効メカニズム−3)