浅刺・呼気時・坐位の刺鍼法(治効メカニズム−4)

この刺法は、下記の目的で行われる。

@自律神経機能を高めることにより改善できる歪を改善させる。

A上記により改善できない歪が残るのでこれにより治療を必要としている部位を明らかにさせる。

B自律神経機能を高めることにより、続いて行われる治療に対する反応性を良くする。