臨床における鍼の治効、六つのメカニズム

大工さんが家を建てるには大工道具がある。
左官さんには左官道具がある。
鍼灸師が鍼灸治療をするにはやはり道具がいる。
大工さんの道具のカンナは、木をきれいに削る。ノミは穴を掘る。
鍼の道具とは、いろいろな物としての鍼ではなく、いろいろな生体反応を作れる方法である。
それぞれの役割を果たせる道具があれば、当然、立派に治療ができることになる。

@ 組織損傷による生体防御機転の刺激(メカニズム-1
A 筋への刺鍼により、筋の過緊張を緩和し、血液循環を良くする刺鍼局所作用(メカニズム-2
B 筋刺激による交感神経を遠心路とする反射機転(メカニズム-3
C 皮膚・皮下組織刺激による副交感神経機能を主体的に高め、自然治癒力を高める機転(メカニズム-4
D 坐位時の低周波鍼通電療法による全身的交感神経機能亢進作用(メカニズム-5
E 臥位時の低周波鍼通電療法による全身的交感神経機能の緊張を解く作用(メカニズム-6

 鍼治療で私達は、どれだけ道具を持っているのか。

@、Aは、従来からのものである。 
@は、刺鍼による組織損傷した物質が、異物として作用し自然免疫機構を刺激するというものである。 
Aは、局所治療の中心的役割を演じている。 
B、Cは、浅刺・呼気時・坐位の刺鍼法の研究で明らかになったものである。 
Bは、筋刺激が、交感神経β受容体系の抑制反応をつくるというルートであり、体性−内臓反射の基本的ルートとなるものと考える。 
Cは、浅刺・呼気時・坐位の刺鍼法である。 

ここでは、以下、D、Eについて述べる。